さて、今回は「自己肯定感」についてです。自己肯定感・・・分かるようで分かりにくいこの言葉ですが、日々の生活の充実感と密接に関わってくる重要な感覚なんですね。

自己肯定感が高い状態とは?

 自己肯定感とは、自分の行動や思考を自分で肯定している感覚のことですね。この感覚が無いと、色々なことに不安や恐怖を覚え、行動はもちろん、自分の思考すら疑うようになってしまいます。一般に、うつ病や社会不安障害はこの感覚が低いことが主たる要因であると言われていますね。

 そんな自己肯定感ですが、これを高める方法を説明する前に絶対に知っておいてほしいことがあります。それは、「自己肯定感が高い人間は、自分が自己肯定感が高い状態にあることを心の底から確信できる」ということです。自己肯定感とは、理屈に支えられたものではなく、自分の力で自分を肯定することによって得られるものであり、自分を肯定する強い意志が「自ずと」心の底から溢れてくるような感覚なんですね。

自己肯定感を高める方法

 では、どうすれば自ずとそのような感覚が心の底から溢れてくるんでしょうか?そのステップを3つに分ければ、①自分を知ること、②セルフイメージを高めること、③理想の自分として行動すること、となります。この①~③の過程は相互に強く関連しているので、どれが先というようなことはありません。そして、どれか1つで上手くいくようなものでもありません。①②③を継続的に行う姿勢の中で、自己肯定感は高められていくと言えるでしょう。

◆ 自分を知る - 自己肯定感を高めるには - 自己分析に学べ!

◆ アファメーションで潜在意識を変えてなりたい自分になる方法








ひそかにコメント欄をつけました。 2014/5/3

コメントする

名前
 
  絵文字