涙袋って?

 涙袋があると、目が大きくなったり、表情が優しくなったりといいことずくめですよね。では涙袋とは何なんでしょうか?答えはズバリ、眼輪筋の盛り上がりです。涙袋の別称として「ホルモンタンク」という言葉がありますが、これが意味するのは「ホルモンが溜まっている部位」ではなくて、「その人の魅力に強く影響する部位」ということなので注意。つまり、生まれつきの体質や体調によって涙袋のあるなしが決定するのではなく、眼輪筋の筋肉の発達具合が涙袋のあるなしを決めるんですね。眼輪筋を鍛えれば涙袋はつくれるということです。それでは、下まぶたを鍛えることによって涙袋をつくる方法を見ていきましょう!

下まぶたを鍛えて涙袋を作る!

 下まぶたの筋肉を鍛える方法をいくつか挙げてみましょう。下の方に行くにつれて、効果が大きいものになっていきます。他の記事でも繰り返していますが、トレーニングの量については「常識を超えない範囲で、いつでも、いくらでも」が原則です!とにかく、暇を見つけて続けることが大切ですよ!

方法1

 ◆目を何度も強くつぶります。
 ◆最も簡単にできるトレーニングで、上まぶたにも効きます。とはいえ、下まぶたを集中的に鍛えるものとしては少し物足りないかもしれません。

方法2

 ◆力強いウインクを何度もします。
 ◆このとき、頬の筋肉を使わずに目の周り、特に下まぶたの筋肉を使うことを意識してください。おそらくぷるぷる筋肉が震えますよね??それが効いてる証拠です。

方法3

 ◆上まぶたを手で上に持ち上げ、上まぶたが降りてこない状態でまばたきをしましょう。
 ◆このとき、下まぶたでまばたきをする感覚で行って下さいね!下まぶたを思いっきり持ち上げるような感覚です。

方法4

 ◆あごを少しひき、下まぶたに力を入れることを意識しながら正面~やや上方に目を向けます。
 ◆下まぶたに力を入れようとすると自然に薄目の状態になるはずです。鼻の下を伸ばしながらやると頬に力が入らず下まぶたに集中することができるのでおすすめです。

笑顔が一番!

 ここまでのトレーニングを実際にやってみた方はもうお気づきかと思いますが、目で笑う習慣がある人ほど涙袋がある傾向があります。目で笑うためには、下まぶたの筋肉を使う必要がありますから!せっかくトレーニングしたからにはその素敵な笑顔を日々振りまいてくださいね!(笑)

こちらの記事も参考になります

顔の血行をよくする!
二重まぶたをつくる!
マッサージだけで二重瞼にする方法教えてやんよ
自尊心が低いなんて言ってられない!?根拠のない自信を持つための絶対の方法
ストレスをためない為に知っておくべき脳のお話 - 育児や職場のストレスにも
発表!実用ストレス解消法61 - 慢性的ストレスを発散せよ!
アファメーションで潜在意識を変えてなりたい自分になる方法 - セルフイメージを高める
意外や意外!究極のストレス解消法5つ








ひそかにコメント欄をつけました。 2014/5/3

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

コメント一覧

    • 1. まりも
    • 2015年01月06日 18:39
    • 表情筋はあまり動かし続けると
      顔が老化するんですよ。
      顔の筋肉を鍛えても、微々たるもので効果はありません。
      いい加減な情報ばかり載せないほうがいいですよ。
    • 2. ゆーあ
    • 2015年01月06日 18:55
    • え、そうなんですか!?
      なんか、続けてきたのにショックなんですけどw
    • 3. まりも
    • 2015年01月08日 23:35
    • 目元にすぐに小じわがでるのは、皮膚が薄いのもありますが
      よく動かす部分だからです。
      無理に動かしてもいいことはありません。
      表情筋を鍛えるのは、微々たるものですね。
      嘘だと思うのならば、美容外科にいって確認してください。
    • 4. あ
    • 2015年02月10日 01:53
    • 男はやるべきだな
      脳にも良い あ、この記事にのってるのはどうでもよくて普通に表情筋トレーニングをね、ググればでる
    • 5.  
    • 2016年10月19日 16:40
    • イケメンになりたいからやるんご